カッピング、吸角|用賀の鍼灸マッサージ治療院 ANCHOR(アンカー)

ANCHOR

東急田園都市線「用賀駅」より徒歩6分。二子玉川駅から電車で一駅

TEL:03-6432-7868
空き状況お問い合せ

【受付時間】9:00~21:00
※月曜日 9:00~13:00/金曜日 13:00~21:00

【休診日】不定期

3/1~12/1まで代表上野が出張業務にあたるため、不規則の休診日になります。詳しくはスケジュールをご確認ください。

LINE
Facebook

News&Topics

カッピング、吸角

News&Topics2018.03.08

どうやら先週の鉄腕DASHで吸角が紹介されたようですね、日本や中国だけでなく世界の広い地域で古来から行われている治療法です。

マッサージはほとんどの手技において『押す』事をメインとしています、吸角、カッピングはガラス、プラスチック、竹筒などを肌の上に置き内部の空間を陰圧にすることによって、『引く』『吸い上げる』刺激を与えます。手ではなかなかできない事を道具を使って行うのです。

押してダメなら引いてみろというように、治療においても押すだけではなく引く事で大きな効果を期待できることがあります。

経験上ギックリ腰や、腰椎分離症をお持ちの方には効果を発揮します。

リオオリンピックでも海外の水泳選手(確かマイケルフェルプス)や南米のバレーボール選手の肩や背中に、この治療を施したあとがあり話題になってましたね。

腰痛、肩こり、筋肉疲労でお悩みの方お試し下さい。