ギックリ腰、動けない痛みへの出張治療|用賀の鍼灸マッサージ治療院 ANCHOR(アンカー)

ANCHOR

東急田園都市線「用賀駅」より徒歩6分。二子玉川駅から電車で一駅

TEL:03-6432-7868
空き状況スケジュール

【受付時間】9:00~21:00

【休診日】スケジュールをご確認ください

LINE
Facebook
Instagram
note

News&Topics

ギックリ腰、動けない痛みへの出張治療

News&Topics2020.08.10

今回、ぎっくり腰の治療で一人暮らしの60代の方に出張治療をしました。

少し時間はかかってしまいましたが、トイレに行くこともままならない状態から外に出て歩けるところまで回復しました。

病院に行く事も出来ないという事で出張治療に行き、歩けるようになったら整形外科に受診してください都も伝えていますが、それは重大な疾患の見落としがないかのダブルチェックの為です。

複数回の出張治療を行いましたが、毎回目に見えて回復があったので患者さんも私も根気強く治療ができました。

初期の症状が、朝起きたら動けない、トイレに行くのもままならない、トイレに座れない、座ったら立ち上がれない、シャワーを浴びるのはもってのほか、食料を買いにもいかれない。という状態でした。

救急車は呼びたくないし、前にもなったことがあるから何とかなりませんか?という感じでした。

初回の治療の時に、今日の治療で痛みやつらさが3割減以上の効果がなければ救急にかかる事も考えましょうと話し治療を開始しました。

最初の治療の24時間後に様子を伺ったところ、まだかなり痛いが確実に良くなった!とのことでした。

それから2度の治療で室内を歩きまわること、1週間ぶりにシャワーを浴びる事が出来ました。

ここで、一度落とし穴があり調子がよくなっていたところで、夜寝がえりをうったらまた調子が悪くなってしまったとの連絡がありました。調子がよくなったところで何かトラブルが起きる事は実はよくあります。なので注意していたのですが寝返りまではコントロールできなかったという感じでした。

その後は寝返りがしにくいようにクッションやまくらを使って寝姿勢を制限し、治療も継続して順調に回復。本日は一人で外を出歩いて大丈夫だったとの報告も受けています。

 

ここで出張で伺っている患者様に出張を依頼した理由について質問してみたところ、「コロナ禍において誰がほかに来院しているかわからない場所に自分が電車などの公共交通機関を使って行くよりも先生に来てもらった方が安心」という基調なご意見をいただきました。

今後も出張治療を可能な限りお受けしていこうと考えていますので、ご希望の方はご連絡ください。

治療費プラス交通費実費と出張費をいただいております。出張費は行き先と人数により異なりますのでお問い合わせください。複数人同じ場所で実施の場合は出張費は人数で割っていただいています。

 

👆こちらから公式LINEにお友達登録していただけますと、ご予約や問い合わせの連絡に使えます。